ミノキシジルは、医学的に発毛効果が証明されている成分です。
ミノキシジルを使用することで、「発毛」と「脱毛(抜け毛)の進行予防」の効果が期待できます。

このページでは、ミノキシジルが配合されたおすすめの育毛剤やミノキシジルの発毛メカニズム、効果について詳しくご紹介します。

1.発毛効果が証明されているミノキシジル


ミノキシジルは、1979年にアップジョン社が開発し、初めは高血圧症治療の成分として使用されていました。
しかし、治療中の患者の多くに発毛が認められたことから、臨床試験の結果、「発毛効果がある成分」として認可され、発毛医薬品として開発されました。

また、日本で発毛効果が認められている成分は、ミノキシジルとプロペシアの2つだけです。(2018年2月現在)

これらの2つは、AGA治療という目的は同じですが、効果やアプローチは全く異なります。
ミノキシジルは血流を促進させて発毛を促すタイプですが、フィナステリドは男性ホルモンの分泌を抑制してAGAの進行を防ぐタイプです。

どちらも高い効果が期待できますが、フィナステリドは病院でないと処方されません。
一方で、ミノキシジルは市販やネットで購入できるため、手軽に使用することができます。

2.ミノキシジルの発毛メカニズム


毛髪の毛根部は毛包、毛母細胞、毛乳頭によって構成されており、毛母細胞が細胞分裂を繰り返すことで成長していきます。
しかし、男性型脱毛症(AGA)を発症していると、毛母細胞の働きが弱まり、毛髪を成長させることができません。

ミノキシジルは毛乳頭細胞に働きかけ、エネルギー伝達やシグナルの運搬に関わるアデノシンという成分を分泌させます。
アデノシンには、毛髪の生成をサポートする細胞増殖因子の産生を促す働きがあるため、毛母細胞を活性化させることができるのです。

また、ミノキシジルで血管を拡張させることができるため、毛根、毛髪に栄養をしっかり供給し、強く、太い毛に成長させる効果が期待できます。

ミノキシジルで期待できる効果

  • 発毛効果
  • 抜け毛の抑制
  • 毛髪の成長期を長期化する

3.ミノキシジルの副作用


ミノキシジルは安全性に優れた医薬品ですが、少なからず副作用があります。
ミノキシジルの副作用についてご紹介します。

3-1.最も発生しやすい副作用はかゆみ

ミノキシジルの副作用で最も発生しやすい症状は頭皮のかゆみです。
ミノキシジルには、血管を拡張して血流を促進する作用があるため、頭皮に血が登ってしまうためです。

実際に、全国のモニター検査による調査では、かゆみの症状が509件あったことがわかっています。
医薬品なので高い効果が期待できる反面、副作用リスクを含んでいるということを理解して使用しましょう。

ミノキシジルのその他の副作用は以下の通りです。

  • かぶれ
  • 湿疹
  • 頭痛
  • ほてり

使用用途をきちんと守れば副作用リスクを軽減できるため、各商品毎の使用量をきちんと守りましょう。
また、万が一副作用の症状が出た場合は、近くの病院へ相談するようにしてください。

4.ミノキシジル配合のおすすめの育毛剤

ミノキシジルが配合された国内で販売されているおすすめの育毛剤をご紹介します。

リアップX5

価格 6,458円
配合濃度 5%

大正製薬が販売するリアップX5は、国内で唯一、ミノキシジルが使用された認可された育毛剤です。
5%濃度のミノキシジルやピリドキシン塩酸塩、トコフェロール酢酸エステルなど、発毛効果を高める成分が計4種類配合されています。

リアップは、国内の大手製薬会社が製造・販売しているため、日本メーカーのミノキシジル育毛剤を使いたいという方におすすめです。

5.まとめ

ミノキシジルは発毛効果が認められた成分です。
使用用途をきちんと守って使用することで、高い発毛効果が期待できるでしょう。

ミノキシジルが配合された育毛剤は、配合濃度や価格、特徴がそれぞれ異なるので、自分にあった商品を選んでください。