「育毛剤で薄毛対策したい!」
「育毛剤でどんな効果が得られるの?」
と思っていませんか?

このページでは、育毛剤で期待できる効果や発毛剤との違い、効果的な使い方について詳しくご紹介します。

1.育毛剤とは?


育毛剤で期待できる効果と発毛剤との違いについてご紹介します。

1-1.育毛剤で期待できる効果

育毛剤は、髪の毛の成長を促す成分が配合された商品です。
育毛剤を使用して期待できる効果は、主に以下の4つです。

  • 毛母細胞に働きかけて新陳代謝を活性化し、育毛を促す。
  • 頭皮環境を整えて毛乳頭への栄養補給を増やし、毛髪の成長を促す。
  • 雑菌の繁殖や炎症を抑えることで、抜け毛を予防する。
  • 保湿成分によって頭皮の乾燥を防ぎ、育毛環境を整える。

つまり、今ある髪の毛や頭皮環境を整えて、しっかりと太い髪の毛が生えるのを促進する効果が期待できます。

とはいえ、「育毛剤を使えばすぐに薄毛が改善できる」というわけではありません。
育毛剤は、頭皮環境を整えてから育毛を促進するので、最低でも半年は継続して使用する必要があります。

1-2.育毛剤に含まれる代表的な5つの成分

育毛剤は、育毛効果のある成分の力で薄毛を改善していきます。
育毛剤に含まれる代表的な成分の種類は主に5つに分けられます。

①男性ホルモンを抑制する成分

AGAが発症する原因の一つは、男性ホルモンの過剰分泌です。
生え際や頭頂部の薄毛が気になる方は、この成分が配合された商品を選ぶことをおすすめします。

代表的な成分
  • オウゴンエキス
  • キャピキシル
  • 亜鉛
  • ノコギリヤシ

②毛母細胞を活性化させる成分

髪の毛が細くなっている場合、髪の毛にまで栄養がきちんと行き渡っていない可能性があります。
髪の毛の太さを決める毛母細胞を活性化させるために、亜鉛やビタミンを摂取できる育毛剤を使用しましょう。

代表的な成分
  • ペンタデカン酸グリセリド
  • M-034
  • バイオポリリン酸
  • センブリエキス

③皮脂分泌を抑制する成分

頭皮の脂が過剰に分泌してしまうと、毛穴の詰まりから頭皮環境が悪化し、髪の成長を妨げてしまう可能性があります。
ギトギトした頭皮に悩む方は、皮脂の分泌を抑制する成分が配合された育毛剤を選びましょう。

代表的な成分
  • ドクダミエキス
  • シャクヤクエキス
  • オドリコソウエキス

④頭皮保湿成分

頭皮が乾燥すると、フケができたり細菌が発生してしまいます。
頭皮をしっかり保湿して、頭皮環境を整えることが大切です。

代表的な成分
  • ヒアルロン酸
  • アロエエキス
  • ヒオウギ抽出エキス

⑤血行促進成分

頭皮の血流が悪いと、髪の毛に十分な栄養や酸素が行き渡らず、抜け毛になってしまいます。
血管を広げ、血行を促進させることが大切です。

代表的な成分
  • ミノキシジル
  • セファランチン
  • ピディオキシジル

1-3.育毛剤と発毛剤の違い

薄毛対策をする場合、育毛剤だけでなく発毛剤という商品もあります。
育毛剤と発毛剤の違いを表でご紹介します。

育毛剤 発毛剤
効果 今ある毛を育てる 発毛を促す
副作用リスク 低い 高い
分類 医薬部外品 医薬品

1-1でもご紹介したように、育毛剤は今ある髪の毛や頭皮環境を整えて、太い毛に育てる商品です。

一方で、発毛剤は発毛効果が認められた成分が配合されているので、毛が無い状態から発毛を促進します。
しかし、発毛剤は薬事法で医薬品に指定されているものが多く、副作用を引き起こすリスクを含んでいます。

薄毛対策の第一歩として発毛剤を使用するのではなく、まずは育毛剤で対策することをおすすめします。

2.育毛剤を効果的に使う4つのポイント


育毛剤の効果を高めるための4つのポイントをご紹介します。

2-1.洗髪後に使用する

頭皮に余分な皮脂や汚れがあると、育毛剤の有効成分を十分に浸透させることができません。
まずは洗髪して頭皮を清潔にしてから育毛剤を使用しましょう。

また、頭皮が濡れている場合も有効成分を十分に浸透させられないので、しっかり乾かしてから使用しましょう。

2-2.夜寝る前に使用する

育毛剤を日中に使用すると、有効成分が汗で流れてしまう可能性があります。
育毛剤の成分をしっかり浸透させるために、夜寝る前に使用することをおすすめします。

2-3.塗布する量をきちんと守る

育毛剤の使用量をきちんと守って使用しましょう。
育毛剤は副作用リスクが低いとはいえ、細胞を活性化させる成分を含んでいるため、たくさん塗布すると副作用が起きるリスクを含んでいます。

2-4.育毛剤を使用後、頭皮マッサージを行う

育毛剤を使用後に頭皮をマッサージすることで、血行が促進され、頭皮環境を改善することができます。

頭皮マッサージには様々な方法がありますが、最もおすすめなのは指圧マッサージです。
頭頂部・側頭部を約1分指先で揉むようにマッサージすればOKです。

3.まとめ

育毛剤を使えば、今ある髪の毛と頭皮環境を改善し、しっかりと太い毛に育てることができます。
効果的に使う4つのポイントを意識して、まずは半年じっくり試してみてください。